山出し茶 木兵衛
ショッピング
お問い合わせ
コンテンツ
トップページ
ご挨拶
木兵衛茶物語
茶師・茶畑のご紹介
商品のご紹介
ご購入
会社概要
ギャラリー
プライバシー・ポリシー
新着情報
2006.12.28
・ホームページ準備中
ご挨拶
5代目店主 静岡横沢流茶師 萬屋木兵衛でございます。 店主近影
萬屋木兵衛(よろずやもくべえ)とは、創業時の店名が「萬屋」であったことと、3代目が作ったお茶で、お客様から絶対の評価を頂いている銘茶木兵衛からとった号で、先代から引き継ぎました。

毎年、静岡新茶がいよいよ最盛を迎える4月下旬になると、僕は二人の茶師を尋ねます。

一人は「安倍川上流域標高800mの急傾斜地」で(静岡の茶栽培限界点)日本一の茶づくりに挑戦している横沢流茶師築地勝美氏。もう一人は静岡足久保の製茶問屋(株)葉桐の葉桐専務です。

歩いてしか行けない山奥での茶作りがどんなに至難の業か、行って、見て、体験してみないとわかりません。崇高とも言えるその地で、築地氏の人間性に接しながら、茶の栽培と「荒茶」作りの技術と心を教わります。最近僕は「横沢流茶師」の称号?を許されましたが、これは言わば“弟子の証し”です。まだまだ足元にも及びません。
もう一人の葉桐氏は、静岡茶発祥の地足久保に工場を持つ(株)葉桐の専務さんで、“利き茶”の天才?ではないかと思っています。本物だけを選りだす師の技の前にはウソがまったく通用しません。師からは、製茶の技術と、良い茶、本物の茶を見分ける“感性”を盗み取っています。
とはいえ、茶歴は浅くまだ駆け出し同然、奥の深いお茶のことはまだ何もわかりませんが、二人の師匠の下で勉強しながら、「本当に美味しい」と言われる、当店独自の特徴あるお茶を作ってお届けしたいと思います。

当店の取り扱い商品の中から特に次の商品のnet販売を開始いたしました。ご満足いただけるものと確信しております。
●山出し茶 木兵衛
●上州妙義山麓で採れたお茶
●自家焙煎 こんがり香る 棒ほうじ茶(発売準備中)
●萬屋木兵衛が選んだ名茶師たちの茶五選(発売準備中)

また、お茶の専門店が作ったとびきり美味しい抹茶ソフトは(Netで提供できないのが残念ですが)、お勧めの自信作です。
世界遺産登録を目指す富岡製糸場の近くですので、お立ち寄りください。
どうぞよろしくお願いいたします。

ページの上へ戻る
フッター